初投稿の話

原稿用紙・ペン・インク(墨汁)・・・を手に入れた私は、早速漫画を描くことにした。

そう!なんと原稿用紙に直接!!!www

早く原稿用紙に描いてみたい!!という気持ちが先走って、描き方を学んだにもかかわらず、キャラ設定後即下書きに入ったのだw

けれど、若干今までと違うのは「大まかなあらすじ」だけは書いていたということ。

これで、簡単な起承転結は構成され、一応頭の中ではラストシーンまでのプロットが出来上がっていた。

ネームももちろん「脳内」だった。

コマ割りは適当で、なんていうか「インスピレーション」だけでポンポンポンと割っていった。

「このシーンはこっちに入れたいから、前のコマは小さくするか・・・」とか、1コマ1コマ、1ページ1ページ・・・考えている感じだった。

そんなこんなで、奇跡的に1作完成した。

プロットもネームも残っていないので、どんな話で何ページだったか・・・は、もはや覚えていない。

ただ、初投稿先は「なかよし」だった。

決め手は・・・たぶん「8万円」だw

これで、デビューとかになったらどうしよう!!

「期待の大型新人!なんと14歳でデビュー!!!」とか・・・

デビューは出来なくても、入賞は出来るだろう。だってあの子が入賞できるんだもの・・・。

そんな期待と、ちょっとだけ「選外かも」という不安を胸に・・・発表までを過ごした。

過大な期待はむなしく・・・結果はBクラスだった。

発表号を見て当時の私がどう思ったか・・・?

たぶん「唖然」「絶句」という熟語しか当てはまらないw

トップ賞は一つ上の15歳。

そして2番目は例の13歳のあの子だった。

またしても8万円の賞を獲っていた。

なのに私はBクラス・・・。

なんで?なんで・・・?

こんなデッサンもガタガタで、男の子だってかっこよくないのに・・・。

納得のいかない結果・・・。

入賞できなくても、せめてAクラスとかでもいいじゃん!

なんで、Bなんだよ~~っ(T0T)

ショックでショックで・・・。

しばらく立ち直れなかった。

その子はその年の夏、漫画大賞佳作を受賞しプロになった・・・。

「今の私」がその子の作品の感想を述べるなら・・・。

絵こそ、まだまだ未熟・・・な感じは否めなかったが、話がすごくよかった。

そして、私が一番印象的だったのは「手の巧さ」だ。

手で心情を表してるような場面があったり、心理描写がとにかく素晴らしくて、確かに賞を獲るだけの力を・・・その子は持っていた。

それでも、当時の私は「なんでプロになれるのかわからない」という、ふてぶてしくも上から目線な態度を取っていた。

結果が出なかった=自分を認めてもらえなかった・・・

そういう気持ちから、「なかよしにはもう投稿しない」と心に決めた。

次は頑張ろう・・・はなかった。

その年の夏、なかよしでプロになった4人中3人が10代だったと記憶している。

その当時、20歳でプロだと「遅咲き」・・・な印象もあった。(私だけかもしれないがw)

私も中学三年生。

早く結果を出さないとプロになれない・・・そんな気がして焦りが強くなった。

なかよしではダメだ・・・。

では、「どうしたら結果が出せるか?」・・・

私は受験そっちのけで、その対策を練ることにした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする