*

ちゃお投稿2作目の話

      2016/06/13

 

さて、春休みが終わり、高校に入学して少し経った頃・・・

 

移動漫画スクールに参加する前に投稿していた漫画の結果発表があった。

 

 

はい・・・、またしても選外。

 

でも、きっと選外だとは確信していた。

 

なぜなら、移動漫画スクールに参加していた年上のお姉さんたちのレベルと自分のレベルが、あまりにも違いすぎたから。

 

 

ちなみに、どんな話かというと・・・。

 

両親が海外出張をしていて、アパートで「1人暮らし」をしている主人公。

ある日、アパートの前に怪我をした男の子が倒れてた。

 

声をかけると、初対面なのに、彼が自分の名前をつぶやきながら意識を失ってしまう。

気になって助けてあげると、なんと彼は記憶喪失になっていた。

 

困っている彼を見捨てられず、しばらく面倒を見ることになったのだけれど・・・?

 

 

・・・昭和なドラマw

 

DSC_0165

 

 

漫画だからなんでもありなのだけど、今だったら絶対に入賞なんてできそうもない設定だw

 

今、読み返すと、絵はもちろんまだまだだし、設定も無理があって、本当に未熟な作品なのだけれど、批評を読むとあきらかに前回と違う何かを感じ取ることができた。

 

たった一カ所、私のオリジナリティを感じられるエピソードがあったことで、編集部が期待を込めたコメントをしてくれていたのだ。

 

それがすごくうれしかったのを覚えている。

 

 

未熟でもいいんだ。

 

下手なりに前回よりも成長していけばいい。

 

私には私のいいところが必ずあるはずだ。

 

 

この記憶喪失ネタや、高校生なのに訳あって一人暮らしネタや、初対面だと思ったらなんと同じ学校の人だったネタ・・・はよく見かけた設定だった。

 

ありきたりの設定であれ、平凡なストーリー展開であれ、この2作目で「最後までスムーズに読むことができる漫画」を作れるようになってきたのは確かだった。

 

 

プロットもネームもやってなかった私。

行き当たりばったりの話しか作れなかった私に、ストーリー構成力が少しずつ身に着いてきた。

 

 

ストーリー構成力が1あがった!!!!!!(某ゲームのようにw

 

こまわりうさぎは基礎的なことができるようになった!!!!!

 

 

 

さぁ、次はオリジナリティを加えることですよ!

 

そう言われてる気がした。

 

DSC_0162

 

 

次の作品として用意していたものを思い切ってボツにした。

 

 

無理な設定ではなく、自分と同年代の子が共感してくれるような設定を考えることにした。

 

そして、今度は少なくとも二つ、オリジナリティを感じられるようなエピソードを入れよう!と決めた。

 

 

ありきたりのストーリーが、一瞬で新鮮に感じられるような・・・そんなお話を。

 

 

 

 

 -つぶやき, ブログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

とにかく描いて描いて描きまくっていた小学生の頃・・・(*´-`)

小学生になってからは、とにかく暇さえあれば漫画を読んだり絵を描いたりしていた。 運動が苦手、勉強が苦

自信過剰な14歳の頃・・・

りらちゃんとの出会いによって・・・私は中学2年から、ちょっとだけプロっぽい漫画制作をするようになった

no image

下書きとペン入れ、ボツ原稿総数およそ400枚(高1秋~高2夏)

ただ今、記事編集中につきご迷惑をおかけしております(><)

ちゃお投稿3作目、念願の初入賞!・・・の話

  さて、高校生活にもだいぶ慣れてきて、部活(軟式テニス)もそれなりに頑張って、毎日充実し

あこがれの転校生・・・の話(*´-`)

「漫画家になるのが夢」の小学生時代を経て、私は中学生になった。 中学はマンモス校だったので、そこでも

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

えがおココカラ♪(31P)その③

              &

えがおココカラ♪(31P)その②

              &

えがおココカラ♪(31P)その①

  その②あります♪  

薔薇の花言葉

  薔薇の花言葉 赤いバラ あなたを愛してます 愛情 美 情熱 熱烈な恋 青いバラ 夢かな

薔薇男子イラストメイキング

線画 コピックドローイングペンでペン入れしたあと、コピー機でホワイトワトソン紙に線画を印刷します。