ちゃお投稿3作目、念願の初入賞!・・・の話

さて、高校生活にもだいぶ慣れてきて、部活(軟式テニス)もそれなりに頑張って、毎日充実した生活を送っていた。

どんなに疲れていても、「帰宅したら漫画を描く」という生活は崩さなかった。

ん~・・・

というか、あまり疲れてなかった気もするw

若いというのは素晴らしいぁ・・・と、年を重ねた今改めて思う。

夜更かししても、「眠けりゃ学校で寝ればいい」くらいにしか思っていなかった。

実際そんなにがっつり寝てたわけではなく、15歳の私には「15分寝るだけ」でも、体力を回復するには十分だった。

授業中は先生の目を盗んで、ちょこちょことネームを進めていた。

とにかく描くのが楽しくて、暇さえあれば描いていたし、ほかのことにはあまり興味がなかった。

仲のいい子にネームを見てもらったり感想を聞いたりして、それをまた練り直す。

学校ではストーリーを考え、家では描くことに没頭する。

勉強よりも家庭科全般に力を入れていたクラスだっったので、ちょっとサボっても授業がわからなくなることはなかった。

家政科最高!(と思いながら生活していた)

これまで、姉には自分の作品を決して見せたことはなかったのだけれど、

今回はちょっと読んでもらうことにした。

姉は読書感想文でよく賞を取ったりしていて・・・、「文章構成能力があるなぁ」と子供ながらに思っていたので、

「読んでおかしいところを指摘してくれ」とお願いした。

読まれることを恥ずかしいとか言ってられない。

その指摘を元に、締め切り間際に2ページ分書き直しをしたりして・・・、その作品は「これが今の私のせいいっぱいだ」と胸を張っていえるところまでやりつくした。

そんなこんなで1作仕上げ、投稿して2ヶ月後結果発表の時が来た。

もうずいぶん昔の話なので、具体的な発刊月は覚えてないのだけど・・・、梅雨時期あとくらいだったと思う。

雨が降っていた。

普段はチャリ通だったが、雨のため帰りはバスだった。

発売日のその日、はやる気持ちを抑えながらバスセンター近くの本屋に駆け込んだ。

通学鞄に一度収めたが、バスに乗って数分・・・結果が気になって、早く確認したくてたまらなくなった。

横に立っている人がいたので、見られるのが恥ずかしくて鞄から出すことはできない。

でも見たい!

雑誌は鞄の中に収めたまま、紐をほどかないまま隙間から漫画スクールのページを探した。

紐が邪魔をして見えない・・・。(当たり前)

でもちょっと待て・・・?

覗いたページの下の方にコメントに、なんだか気になる文章が。

15歳でなんとかかんとか・・・。

描けば描くほどなんとかかんとか・・・。

期待がこみ上げてきた。

人が少なくなり私の周りに誰もいなくなった・・・と同時に、鞄からちゃおを取り出した。

紐をグイグイと無理矢理上に押し上げ、指を挟み入れていたページを開くと・・・。

あった!!!!∑(゜Ο゜)

ちょうど雑誌の真ん中に、

私の絵を確認することができた。

漫画の中のカット。そして編集部と漫画家さんからの批評。

大体ページの3分の1以上はあっただろうか・・・?

その場で飛び上がって叫びたいくらいの衝動。

平然を装おうとしても、顔がにやけて止まらない。

嬉しくて嬉しくて。

そして嬉しさを感じた少し後から、喉の奥がつんと詰まったような感覚。

勉強にしても部活にしても習い事にしても。

これまで努力というものをしたことがなく、しなくとも困らないくらいにこなせていると思い込んでいた。

正直言って、漫画もその延長上でやってきた気がする。

移動漫画スクールに参加した後から、その辺の向き合い方が少し変わってきて・・・

あのときの私は、「確かに」夢に向かってそれを叶えるための行動を起こしていた。

努力が報われる・・・ということを、初めて感じることができた日だったと思う。

バスの中なので泣きはしなかったが・・・

帰宅した父親に声を張り上げながら報告したあの日のことを、昨日のことのように覚えている。

父は現在、訳あって一緒にはいないのだけれど・・・、

数年に一度会ったときに、

「今からでも描いたらいいじゃないか?」と、のんきなことを言ってくれたりするw

「今も絵は描いてるよ」

そう告げると、

「そうか!うまかったもんな!」と嬉しそうに・・・。

お父さん・・・

今振り返ると、そんなに上手くはなかったんだけどねw

でもお父さんが褒めてくれたり応援してくれたこと・・・、今でも忘れてないよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする